戦闘型チームビルディング研修

チームにおけるコミュニケーションを活性化し、絆を深め、チームとして連携して協働できる基礎をつくる

2019年1月1日 雑誌「近代中小企業1月号」にて特集されました!

こういった時におススメ

●社内でのコミュニケーションがうまくいくようにしたい

●連携して相乗効果を出せるチームを作りたい

●責任感を持って仕事に取り組んでもらいたい

●自分で考えて行動できる社員を増やしたい

研修の狙い

チームにおけるコミュニケーションを活性化し、絆を深め、チームとして連携して協働できる基礎をつくる

※自律して思考、行動するOODAループ型チームを作るOODAループ研修もございます。

https://k-7.jp/training/ooda/

どんな研修?

レーザー銃を活用した模擬戦闘をチームとして戦っていく中で、どうすればチームワークがより発揮しやすくなるのかをチーム全員で考えていく研修です。

効果

・自律的に考えて連携して成果を出すようになる
・協力して成果を出すことが楽しくなる
・常にチームで成果を出していく前提で物事を考えるようになる
・チームメンバーの様子を気にかけるようになる

主要な学び

・チームワークに必要なコミュニケーション
・信頼関係の必要性と作り方
・役割分担、権限移譲の必要性

極秘部隊の選抜試験を突破せよ!

当プログラムは極秘部隊の選抜試験を受けるという内容で構成されています。

数人で1チームの部隊を結成。最終試験に勝利して選抜試験に合格することを目標に模擬戦闘を行います。

戦闘方法:
レーザー銃を利用した模擬戦闘

勝利条件:
敵チームを全滅させる

目的意識を持ち敵の状況を良く見極めて、チームをPDCAサイクルやOODAループを回しながら強くしていく中で、チームの連携が強化され、それにより成果が上がる様子を体感し、その中で起きたコミュニケーションの変化を学びます。

一連の流れ

最終試験は相手チームを全滅させた方が勝ちとなる模擬戦闘を行います。

最終試験までは試験同様の模擬戦闘を繰り返し、最終試験で最大限のチームワークを発揮できるようにPDCAサイクルやOODAループを回しながらチーム作りを行っていきます。

その過程で目的達成のためにはどういったコミュニケーションが良いのかを学んでいきます。

戦闘について

日本でもかなり珍しいレーザー銃を使用した模擬戦闘を行います。テレビリモコンと同様の赤外線しか発射しませんので極めて安全です。

事前に立てた作戦の渦中に自分も入り込むことで、リアルな教訓として学びが深められるのはもちろん非日常感を味わえます。

狙って撃って当てるだけの為、老若男女で体力差が関係なくチーム力で差がつくことが体感でき、非常にわかりやすいです。

作戦通りにいかないことが多々ある中、状況に応じて臨機応変に対応するために何が必要かも学びます。

プログラム例

10:00 集合・
     着替え

10:20 導入研修

11:20 戦闘訓練開始
    戦闘
    振り返り(何が起きた?)
   【講義】変化に柔軟に対応するチーム作り

12:00 昼食

13:00 午後の部開始
    戦闘
    振り返り(チームの問題点)
    【講義】目的の共有、リーダーシップ、権限委譲

     この流れを繰り返す

17:15 最終試験

17:45 全体振り返り
     アクションプラン作り

18:45 表彰・
     写真撮影

19:00 完全終了

実施レポート

大手外資系生命保険会社様
株式会社ディーバ様

実績

株式会社ディーバ様
ホテル日航成田様
一部上場アミューズメント企業
大手外資系生命保険会社
大手製薬会社
大手飲料メーカー
IT系会社
飲食系会社

など、様々な業種での実施実績あり!

実施事例

・2つの部署が一緒になった新設部署のチームビルディングとして、部門長と部下の社員で実施。

・様々な場所に派遣される入社1年目~3年目程度の若手社員を対象に、チームワーク力の向上と横のつながりの構築のために実施。

・営業部全体の定期的なチームビルディングとして、部長以下営業部全員で実施。

・中途入社の社員が多く、チームで成果を出そうという意識をもっとつけさせたくて実施。

感想

「チームで成長していく様が実際に目に見えて分かった」

「同僚の知らない一面が見れてよかった」

「管理職の立場から見るとリーダーに向いている人や向いていない人など一目でわかって人員配置に活かせる」

「とにかく楽しくてあっという間だった!」

「チームワークってこういうことか!」

等多くの声をいただいております!

実施に当たり

・参加対象:
内定者、新入社員、中堅社員、管理職など
チームで一体となって成果を出す意識が必要であればおススメ。

・時間:
4時間~8時間

・人数:
8人~40人
それより多い場合は別途相談

・開催方法
一社のみ、合同開催どちらも可能

実施会場

サバイバルゲームフィールドの貸切、体育館・フットサルコートを貸切って障害物を設置しての利用など、弾の出ないレーザー銃の特性を生かし様々な場所での開催が可能です。

特にご希望がない場合弊社の提携会場での開催がおすすめです。

提携会場一例:

Brave Point 台場店

東京都港区台場1丁目6-1
デックス東京ビーチ アイランドモール5F

ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩約2分
りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約5分

古代遺跡をイメージしたフィールドや監獄をイメージしたフィールドを持ち細部まで作りこまれた雰囲気抜群のハイクオリティ・サバゲースタジオ。

入替式遮蔽物システム(ROS:Removable Obstacle System)を36箇所採用。
格子・鉄扉・窓付き鉄扉・低い壁の4種類のオブジェクトを36箇所のROSに付け替えることで様々な形にレイアウト変更が可能。

コロナ対策

元々距離を開けて対戦しますが、さらに徹底したコロナ対策を実施しております。

会場の徹底換気

窓全開放、屋外開催など

アルコール消毒の実施

機材の使い回し無し

1人に1挺ずつ

2m以上の距離の確保

対戦中、待機中の距離を2m以上確保

マスク常時着用

料金

300,000円(税別)~

※機材レンタル費・会場費別
※人数や開催場所、時間により変わります。詳しくはお問い合わせください。

講師

株式会社K-7
代表取締役 北村 翔

高校2年生の時にカナダで初めてレーザータグを体験する。
その時に言葉が通じない中で何とかコミュニケーションを取って戦っていくという流れがとても楽しく、終わった後の達成感・一体感を日本でも経験したいとレーザータグを企画運営する株式会社K-7を創業。

起業前に実際に陸上自衛隊に入隊してチーム行動の基礎を学ぶ。
自分の経験及びイラク派遣などを経験した自衛官から聞き取りをした内容を元にチームビルディング研修を実施。
ホテル日航成田様をはじめとする接客業界、一部上場アミューズメント企業、大手製薬会社、大手外資系生命保険会社など幅広い業種へのチームビルディング研修実施経験がある。

お問い合わせ