任務分析研修

知識を実践を通して知恵に変える研修

理念・ビジョンを様々な方法で共有して、皆が同じ方向に向かって仕事を出来る環境を整える努力をしているのに、社員が期待した成果を出してくれない、、、

そんなお悩みをお持ちの御社の為の研修があります!

体験型任務分析研修

こんな状況の企業様におススメ!

・社員が期待した成果を出してくれない

・熱意ややる気はあるのに成果に結びついていない

・関係ないことをして時間を無駄にして仕事に時間がかかっている

・理念やビジョンの共有はできているので、そこから相乗効果を生み出せる組織にステップアップしたい

研修の狙い

・自分に与えられた仕事に対して上司・会社は何を期待しているのかを考え、共有し、理解する。

・いかなる状況でも本来やるべきことを見失わないようにする。

・常に上司・会社の視点で仕事を考えられるようにする。

概要

1.任務分析という自衛隊を始め各国の軍隊も使用している思考手順を用いて自分の仕事においてするべきことは何かを明確にするとともに、上司との認識のずれを防止する方法を身につける研修

2.座学形式で任務分析を学び、インプットする。それを後半の実戦訓練にて実際に任務分析を何度も行うことで、アウトプットして知識の定着化を図る

3.実戦訓練は自衛隊の演習を模したレーザー交戦訓練形式。人質救出や爆弾解除などの任務を達成していく。

任務分析とは、、、?

自分に与えられた仕事を上司の立場から考えて何が求められているのかを分析します。

自分の立場、その立場の役割、現在の状況(市場、競合、自社など)はどうなっているかを分析し、必ず達成すべき目標、達成することが望ましい目標を明確にします。

そうすることで自分がするべきこと、しなくて良いことが明確になり、本来の目標達成のために関係のないことをして時間を無駄にせず、目標達成を効率的に行うことが可能です。

また不測自体においても本来の目的を見失わず成果を出せるようになります。

当研修ではGrowthOperations株式会社考案の専用のシートを利用して任務分析の方法が理解できるようにします。

この手法をチームの全員が身につけることで効率よく相乗効果を生み出せるチームになります。

研修の進め方

任務分析の方法について(座学)※インプット

模擬戦闘により任務分析を実践 ※アウトプット

模擬戦闘の繰り返しにより自分の任務分析の間違いを修正

学んだ任務分析の方法と模擬戦闘で得た教訓を踏まえて業務で生かせるように落とし込む

なぜ模擬戦闘?

ではなぜ模擬戦闘が任務分析のアウトプットの場として適しているのでしょうか?
理由としては以下の点があります。

①軍隊で活用されているものは類似の環境で体験することが一番わかりやすい

②短時間で終わるため、何度も繰り返して深い学びにすることが出来る

③体力差が関係なく、老若男女問わず参加ができる

お問い合わせ・資料請求はこちら!