自衛隊演習型研修

模擬戦闘をする研修

2019年1月1日 雑誌「近代中小企業1月号」に当研修が取り上げられました!

※写真は陸上自衛隊HPより引用

組織を強くする
「チームワーク力」
「リーダーシップ」
「コミュニケーション」

体験を通して
身につける研修

模擬戦闘を通してチームワーク力の発揮の仕方、リーダーシップの発揮の仕方、結果に結びつくコミュニケーションの仕方を身につける。

当研修はスパルタ式研修ではありません!

自衛隊式(軍隊式)研修=厳しいというイメージをお持ちの方が多いと思います。

ですが弊社の研修は自衛隊の演習を模した模擬戦闘を行いながらどうすればチームで成果を出せるのか、リーダーシップが発揮できるのか、結果に結びつくコミュニケーションが取れるのかを学ぶ研修ですので、厳しい要素はありません。

当研修では教えるのでは無く、自ら考え、落とし込み、行動する主体性を成長させます。その上で、組織の仕組みや、リーダーシップなどを体感型で学ぶことで、今後の仕事において常にチームで成果を出す意識と行動のできる社員を育てることを目標としています。

社員の組織化をしたいという企業様におススメ!

こんな事でお悩みの企業様におススメ!

●チームで成果を出す意識がない

●チーム力の発揮の仕方が分かっていない

●社員に協力・サポートの意識がない

●座学の研修では身についていない

自衛隊演習型研修の強み

【自ら考え理解する】

模擬戦闘を通して自分がどういう行動をとり、チームはどういう行動をとり、最終的にどのようになったかという事実に基づいて振り返りを行い、自分の課題、チームの課題を見つけ出します。

実際に自分が取った行動に基づいて振り返るので、自分の本質的な課題に気づくことが出来ます。

【PDCAサイクルとOODAループ】

模擬戦闘においてはアメリカ軍で考案されたOODAループを体験。研修全体ではPDCAサイクルを体験を通して学びます。

仕事を円滑かつ迅速に進める手法を体験型で学ぶことが出来ます。

【絆ができる】

参加者同士が密にコミュニケーションを行い、お互い遠慮なしで意見交換をするようになるため、研修の終了後には結束感、充実感を得て終えることができます。


模擬戦闘は体力差が関係ないため、老若男女問わず活躍できるのも、この研修ならではの強みです。

なぜ自衛隊演習型研修?

・楽しい
・老若男女問わず積極的に参加できる
・繰り返しで仕事に活かせる深い学びが得られる

当研修では上に記載の3点を重要視してプログラムを設計しています。

研修に主体的に参加してもらえるように、模擬戦闘には非日常感とゲーム性を持たせ、心底楽しめるように設計しています。

また体力差やスポーツ経験等による不平等が発生しにくくすることで、誰もが積極的に参加できるようになっています。その上でPDCAサイクルとOODAループを繰り返しながら、チームワーク力の発揮の仕方、リーダーシップの発揮の仕方、成果につながるコミュニケーションの仕方を自分たちで見つけ出していくことが出来るのです。

この様な研修は日本でも数少なく、自衛隊演習型研修を選んでいただくメリットとなります。

自衛隊演習型研修の種類

基礎訓練課程~チームビルディング~

新卒~若手社員向け
チームで成果を出すプロセスを体験。戦闘⇒振り返りを繰り返し、チームと自分の課題を洗い出し改善していく。その中でチームワークを発揮する上で何をするべきなのかを自ら見つけ出していく。弊社の戦闘型チームビルディング研修と同様の内容。

リーダー訓練課程~リーダーシップ~

次期リーダー候補やリーダーとして行き詰っている社員向け
リーダーシップとは何なのか、なんとなくで理解している部分を明確にする。 自分に合ったリーダーシップを実践し、フィードバックをしてもらう。さらに他人のリーダーシップをその下で感じ、今後自分はどういうリーダーシップを発揮していくべきかを明確にしていく。

組織訓練課程~組織運営~

若手社員~経営者向け
簡易的な国を作り、様々な国がひしめく中で最強の国になる事を目指す。外交官やスパイなど役割分担し、他国との同盟、スパイ活動、武力攻撃などの判断、実行をしながら組織における指揮命令、マネジメント、コミュニケーションなど全般を体験しながら自分や組織の現状の問題点を見つけ出す。若手に組織運営を経験させる為の活用も可能。

※写真は陸上自衛隊HPより引用

基礎訓練課程の案内動画

研修の進め方

座学で知識を付けてから、実戦フェーズで自ら体験をして知識の理解を深めます。

実戦フェーズではレーザー銃を利用した自衛隊の演習を模した対戦形式のアクティビティを通して学びます。

作戦会議⇒戦闘⇒振り返りの流れを数回繰り返すごとにAARというチーム活動全体の振り返りを行います。

座学

最初に研修を進めるにあたって基本となる部分を講習します。チーム活動の重要なポイントやリーダーシップの構造などについて話します。

実戦が始まると中間で振り返りを含めた中間講習も行います。

実戦

※写真は陸上自衛隊HPより引用

レーザー銃を使用した、実戦訓練型研修を行います。センサーとレーザー銃を装備し、相手チームを制圧する為に、作戦を立て、役割分担し、実行し、振り返ります。組織運営の本質そのものがここにあります。

基礎訓練課程:

戦闘を繰り返す中でPDCAを回しながら、一体となって目標を達成できる出すチームの作り方を学び、仕事に活用できるようにします。

リーダー訓練課程:

自分が理想とするリーダーシップを実践してみる。部下だったメンバーからのフィードバックをもらいながら課題を見出し、改善していきます。

組織訓練課程:

他の訓練課程とは異なり広い屋外フィールドを使用して最大四つ巴の戦いを行います。小さな国を運営しながら、組織運用上の問題点を明らかにします。

OODAループ

戦闘では事前の計画通りにいかないことが多々あります。

その中で、現場の状況の変化に応じて対応するOODAループを体験して学べます。

AAR(After Action Review)

チームメンバーの一人が記録係となり、戦闘中のチームの言動を記録していきます。

それを参考に、起きた現象からなぜそれが起きてしまったのかを深掘りしていきます。戦闘の前後の作戦会議では戦闘で勝つための話し合いをしてもらいますが、AARではチーム活動全体におけるチームの問題点を明らかにしながら本質的な改善策を見つけていきます。

開催までの流れ

講師

GrowthOperations株式会社
代表取締役
藤江正博

美容師の世界から陸上自衛隊に入隊。イラク復興支援活動では要員警護員(SP)として参加。東日本大震災では気仙沼市に災害派遣。その後陸上自衛隊最強の部隊といわれる第一空挺団にて狙撃教官及び小銃小隊長として勤務。それ以降も射撃教官、至近距離戦闘教官、海上自衛隊警備隊指導教官、航空自衛隊基地警備指導教官など多数の教官を務め、部隊の精強化に寄与した。

いわゆるエリートではなく、一般隊員からたたき上げで幹部になり、様々な難しい状況を切り抜けてきた自衛隊でも数少ない経験豊富な幹部である。厳しい教育から、優しい教育まで状況を見極めた判断に基づく柔軟な教育方法により、身につきやすいと評判を得た。

イラク派遣時に現地の子供たちに接した経験から日本の若者の主体性の薄さに危機感を持ち「主体性をもって動ける人財の育成」を目指してGrowthOperations株式会社を設立。

多くの日本企業に活力を与えるべく精力的に活動している。

株式会社K-7
代表取締役
北村 翔

25歳の時に自分の実力を試したくて陸上自衛隊に入隊。自衛隊に入隊する年齢としてはかなり上の年齢ではあったが、社会人経験を活かし信念をもって訓練に取り組んだ結果、入隊直後にも関わらず射撃で準特級、射撃競技会のメンバーに選抜される。

自衛隊員としての使命を意識した訓練への取り組みにより、市街地戦闘の訓練では突入要領の習得の速さを認められ、他の隊員への展示役を任せられるなど、努力が結果に結びつく最短の方法を見つけ出す。

400人以上の部隊をまとめる連隊長から部隊朝礼において仕事への取り組み方を直接評価されるなど、異色の存在であった。働きが認められ、入隊2年目にして10年以上も自衛隊に所属している非戦闘職種の自衛官に対する教育訓練に教官補佐として抜擢され、仕事を全うする。

宿舎における後輩隊員の指導を一任され、自衛官としてどうあるべきかを後輩に対して指導し、さらにその後輩が自分たちの後輩に指導できるようになるまで徹底的に指導役を務めた。

自衛隊退職後、コンサルティング会社に勤務ののちレーザー銃を使った自衛隊演習型社員研修を行う株式会社K-7を設立。仕事と自分の人生を結び付けどうすれば仕事に全力を注げるかを伝えている。

参考画像

資料請求・お問い合わせ

運営会社

株式会社K-7
神奈川県横浜市都筑区加賀原1-24-11-209

代表取締役 北村 翔