この研修は、、、

 

まずは基本的なチームビルディングをやりたいという企業におススメです。

戦闘という変化の激しい状況の中で目的を忘れず、柔軟に連携しながら目標達成のできるチームを育成する弊社が実施するすべての研修の土台となる研修です。

指示待ちなどではなく、自分で考えて行動できるチームを育成することで、業務効率がアップし、チームでの業績の向上が期待できます。

こんな企業様に

●社内でのコミュニケーションがうまくいくようにしたい

●連携して相乗効果を出せるチームを作りたい

●責任感を持って仕事に取り組んでもらいたい

●自分で考えて主体的に行動できる社員を育てたい

●チームとしての結束を強くしたい

研修目的

共通の目的意識を持ち、自ら考え主体的に行動し、連携して協働できる個人・チームをつくる

どんな研修?

変化の激しい環境をレーザー銃を活用した模擬戦闘を通して体験。チームとして戦っていく中で、目的達成の為に最適なチームワークを自分達で見つけ出していく研修です。

教えられるのではなく、自らの体験、発見に基づく学びを与えますので、ただの知識ではなく実務においてもそのまますぐに活かせる知恵として身につけることが出来ます。

効果

・自律的に考えて連携して成果を出すようになる
・協力して成果を出すことが楽しくなる
・常にチームで成果を出していく前提で物事を考えるようになる
・チームメンバーの様子を気にかけるようになる

学び

・目的共有の重要性
・リーダーシップの発揮の仕方
・信頼関係の必要性と作り方
・役割分担、権限委譲の必要性
・直観力の磨き方
・OODAループを高回転することの重要性

※あくまで一例です。実施時間・内容により得られる学びは異なります。

極秘部隊の選抜試験を突破せよ!

当プログラムは極秘部隊の選抜試験を受けるという内容で構成されています。

数人で1チームの部隊を結成。最終試験に勝利して選抜試験に合格することを目標に模擬戦闘を行います。

戦闘方法:
レーザー銃を利用した模擬戦闘

勝利条件:
敵チームを全滅させる

目的意識を持ち敵の状況を良く見極めて、チームをPDCAサイクルやOODAループを回しながら強くしていく中で、チームの連携が強化され、それにより成果が上がる様子を体感し、その中で起きたコミュニケーションの変化を学びます。

最終試験は相手チームを全滅させた方が勝ちとなる模擬戦闘を行います。

戦いの中でいかに目的を見失って行動してしまうか、お互いの強みを活かしきれていないかを自らの行動を通して知った上で、PDCAサイクルやOODAループを活用しながらチームとして共通の目的意識を持って連携できるように強いチームとなっていくまでを体感して学んでいきます。

 

そこでの学びを実務で応用できるように落とし込んで研修は終わります。

模擬戦闘という体験を通しているからこそ本格的にチームワーク改善のきっかけとなる深い学びを得ることの出来る研修となっております。

戦闘について

かなり珍しいレーザー銃を使用した模擬戦闘を行います。テレビリモコンと同様の赤外線しか発射しませんので極めて安全です。

事前に立てた作戦の渦中に自分も入り込むことで、リアルな教訓として学びが深められるのはもちろん非日常感を味わえます。

狙って撃って当てるだけの為、老若男女で体力差が関係なくチーム力で差がつくことが体感でき、非常にわかりやすいです。

作戦通りにいかないことが多々ある中、状況に応じて臨機応変に対応するために何が必要かも学びます。

OODAループ理論がベース

OODAとはObserve(観察)、Orinet(情勢判断・仮設構築・わかる)、Dicide(決断)、Act(行動)の頭文字を取ったものです。

起きていることを観察し、何が起きているのか自分の経験やビジョンに基づく世界観から理解し、どうするかを決断して、行動に移すということを高速で回していくことで迅速に目的を達成するための理論です。

元アメリカ空軍大佐のジョンボイド氏が開発。第2次大戦時のドイツ軍の電撃戦など戦争を含めた過去の人間同士の衝突の記録や宮本武蔵の「五輪書」などの過去の文献などから導き出されています。

ビジネスの世界でもアメリカのシリコンバレーの企業等で取り入れられ成果を出しています。

当研修では元自衛官が講師をつとめ、自衛隊などでも行われている戦闘訓練を模した模擬戦闘を通して、PDCAサイクルとOODAループの違いを理解、事前に立てた計画通りにしか動かないのではなく、変化する状況に応じて柔軟に目的達成をしていくための基本を学ぶことが出来ます。

プログラム例

10:00 集合・
     着替え

10:20 導入研修

11:20 戦闘訓練開始
   ・戦闘
   ・振り返り(何が起きた?)
   【講義】変化に柔軟に対応するチーム作り

12:00 昼食

13:00 午後の部開始
   ・戦闘
   ・振り返り(チームの問題点)
   ・【講義】目的の共有、リーダーシップ、権限委譲

    <以降戦闘⇒振り返りを繰り返す>

16:15 最終試験

16:45 全体振り返り
     アクションプラン作り

17:45 表彰・
     写真撮影

18:00 完全終了

研修概要

参加対象
内定者、新入社員、中堅社員、管理職など
チームで一体となって成果を出す意識が必要であればおススメ。

時間
4時間~8時間

人数
8人~40人
それより多い場合は別途相談

開催方法
一社のみ、合同開催どちらも可能

実施場所
お客様のご希望場所または弊社から提案可能

金額
50万円~(税別)
※会場費や交通費、宿泊費は別

インストラクター

株式会社K-7
代表取締役 北村 翔

高校2年生の時にカナダで初めてレーザー銃とセンサーを身につけて対戦するレーザータグを体験。
その時に言葉が通じない中で何とかコミュニケーションを取って戦っていくという流れがとても楽しく、終わった後の達成感・一体感を日本でも経験したいとレーザータグを企画運営する株式会社K-7を創業。

起業前に実際に陸上自衛隊に入隊してチーム行動の基礎を学ぶ。
自分の経験及びイラク派遣などを経験した自衛官から聞き取りをした内容を元にチームビルディング研修を開発。
ホテル日航成田様をはじめとする接客業界、一部上場アミューズメント企業、大手製薬会社、大手外資系生命保険会社など幅広い業種への研修実施経験がある。

実施までの流れ

1.お問合せ・資料請求
   ↓
2.お打ち合わせ
   ↓
3.ご提案
   ↓
4.契約
   ↓
5.日程調整・会場確保
   ↓
6.内容調整
   ↓
7.実施

お問合せ・お申込み